11.3. 2019

水星が太陽にかかる稀な動き

11月11日月曜、どの宇宙熱烈者にも逃すことのできない稀な現象が起きる。我々は、水星が太陽と地球の間を通過する観察機会を得られる。太陽の少しの部分にかかり、太陽の表面に小さな黒い点として現れるのだ。

不運にも、水星は小さく遠いため、裸眼では見ることができない。それゆえ、太陽を直接見ることによって目が傷つくことを防ぐ、特別なフィルターのある望遠鏡を使用する必要がある。

金星も太陽と地球の間を通過するが、これは非常に稀で、残念ながら我々は生きてるうちに見ることはない。しかし、水星の通過はもっと頻繁で、再度13年後に完全な形で楽しむことができる。11月の通過は部分的で、半分のみ見ることができる。南アメリカのいくつかの国の住民は見ることができるであろう。

 

コンタクトFacebook