5.7. 2019

西の最大の伸長である水星

4月11日、水星は西側で、太陽から最大の伸長に達する。これが起きる時、水星は太陽から角距離にあり、数日間、朝の空にそれが見れるというユニークな機会を持つ。しかし、裸眼で見ようとすることは無駄であろう。水星は太陽系の中でも一番小さな惑星のひとつで、それと同時に、太陽に一番近いため、目に見える可能性は乏しい。この理由により、望遠鏡を使用するひつようがある。
水星の旅行、挑戦、コミュニケーションといったポジティブな影響を利用することを忘れてはいけない。この惑星の最大の伸長では、コミュニケーション力が強化する。あなたの考えを説明のようである。この時期を抱擁し、個人的な発達に使い、どのような変化も受容的でいよう。

 

コンタクトFacebook