乙女座 12月 ホロスコープ 2017

慎重、気配りができて知的、細心な乙女座

12月になると、最終的にキャリアにおける変化を得るチャンスが訪れます。星回りはより安定して正しい位置となり、仕事において偉大な功績を収めることができそうです。時間がより早く流れ、全てに多大な努力を強いられることなく、楽にタスク管理ができ、緊急の問題に対する解決策を見つけることが出来るでしょう。再び仕事が楽しくなってくるはずです。

シングルの人に星からの庇護があるでしょう。社会に出て、誰かに会うといいでしょう。

他の人がそうであるからといって、怠惰に過ごすことはありません。上司はあなたの努力に気がつくでしょう。

あなたに隠れていた才能が明らかになります。ずっとやってみたかったけれど、怖くて躊躇っていたことを、やってみるといいでしょう。

乙女座 1月 >>


射手座に位置する太陽
22.11.11:53 - 22.12.01:15
i
22.11.
山羊座に位置する太陽
22.12.02:15 - 20.1.11:56
j
22.12.

この時期は間違いなく、静かさを楽しむことができるでしょう。気分はむしろ、非常にポジティブで、楽観的なものになりそうです。社会におけるあなたの行動は洗練され、自信に溢れており、知的でさえあるでしょう。潜在的な成功が、あなたを先導します。すばらしい規律のおかげで、あなたはスポーツでも秀でることでしょう。しかし、脳からではなく、心によって意思決定をしてしまいたいという欲求が、あなたを減速させるかもしれません。家族や安定した関係の中にいるとき、すばらしい気分になれるでしょう。自己実現するのにも、有利な場所となるはずです。

このスパンには、あなたの野望に対して、減速を感じるかもしれません。あなたは一人、孤独になる必要があるでしょう。結局、それは他人とは関係のない、自身の利益のための行動へ、つながる可能性があります。極端な状況では、近づくことができない、利己的で意地悪な人に見られるかもしれません。あなたは仕事を楽しむことができますし、徹底的な完璧主義者なので、そうしている間も休むことはできるはずです。

蠍座に位置する金星
7.11.20:22 - 1.12.17:55
h
7.11.
射手座に位置する金星
1.12.18:55 - 25.12.14:09
i
1.12.
山羊座に位置する金星
25.12.15:09 - 18.1.10:26
j
25.12.

この時期には、複雑で不思議な心を持つ相手を、探し求めるでしょう。禁じられているすべての誘惑に、抵抗することはできないかもません。そうしたことが、タブーに対して、もっとオープンにしてくれることでしょう。気持ちがこれまで以上に強くなったとしても、それらを隠しポーカーフェイスを保とうと、最善を尽くすはずです。

この期間中は教育を通じて、親密な関係を築くことができるでしょう。新しいものについて学ぶことを本当に好むので、同じ意図を持つ人々に惹かれるのは、不思議なことではないでしょう。しかし、個人的な自由があなたにとって何より重要であるため、それらの恋愛事へ頭を向けることはないかもしれません。それはほぼ確実でしょう。

この期間中、どんな状況でも、堂々としていたいと思うでしょう。そのせいで、愛情を一般公開することや、傷ついている心情は、隠そうとしてしまうはずです。あなたの世界観は意思決定に反映され、非常に現実的なものになるでしょう。社会的地位を確保するためだけの、関係を確立することについても、同様です。

射手座に位置する水星
6.11.04:06 - 11.1.13:56
i
6.11.

この時期、道徳的側面が非常に強くなるはずです。それゆえに、すでに議論中の2人の間に入ることがあるのならば、裁判官のように行動したいと思うでしょう。自身の考えの中では、あなたは安全で寛大になれるはずです。しかしながら、必要なことを伝える前に、他人に疑念を抱かせてみたいとも、感じるかもしれません。哲学的または政治的な問題について、コメントすることを楽しめるでしょう。

天秤座に位置する火星
23.10.03:01 - 9.12.17:36
g
23.10.
蠍座に位置する火星
9.12.18:36 - 26.1.21:40
h
9.12.

この時期、あなたは合理的で、冷たくなるかもしれません。怒り、情熱、興奮を内面に感じなくなることでしょう。不安定になる可能性のある唯一の理由は、不正への感覚です。この場合、躊躇しないで、正しいことのために戦おうとするでしょう。目標とそれに徹底した態度は、キャリアに関して、必ず有益に働くはずです。

この期間中、それが肉体的であろうと精神的であろうと、多くのエネルギーを感じることでしょう。目標をきちんと定めているのであれば、すべての条件の下で、それを求めて進むことができるはずです。動機に不足はありません。しかし、パートナーに向けた極度の嫉妬や、有害な行動に注意しなければなりません。それは将来、大きな問題につながる可能性がありそうです。

 

コンタクトFacebook