5.7. 2019

チャクラ エネルギーの重要なシステムと人間の電磁場

伝統的な治癒や精神活動に興味を持った時、必ずチャクラの概念に出会う。この言葉はサンスクリット語から来ていて、”回転するエネルギーの輪”と訳される。ヒンズー教者によればそれがチャクラである。それは人間の体の中に80,000以上存在し、それらはすべて、内でつながっている。この組織の中心は、7つの基本のチャクラで形成され、脊椎に沿って相互につながっている。

すべてのチャクラは、宇宙のエネルギーを受け取り、それを運び、身体中に分裂し、そして周囲に戻す。それは回転する動きによって成される。その方向は常に交互である。ひとつのチャクラは時計回りに、もうひとつは反時計回りにといった具合だ。興味深いことに、男性では、最初のチャクラは右へ動き(時計回り)、女性では、最初のチャクラは左に動く(反時計回り)。よって、それらの方向はいつも逆なのだ。

これらの動きの中で、宇宙のエネルギーを身体中に均等に分配し、適切な機能を確実にする。しかしながら、ひとつ、またはそれ以上のチャクラは閉ざされることもある。例えば、何らかのトラウマ状態の間ではエネルギーが他のチャクラへ流れることを不可能とする。これは健康問題や行動の変化、知覚へ反響しえる。メインのチャクラとは何か。そして我々の体の機能にどのように影響しているのか。

はじめに、チャクラの根元は、会陰にあり、下向きに開いている。それは赤色で、物質世界、物質的保証、身体の痛みや癒しと私たちとのつながりを象徴している。それが閉ざされると、エネルギーの欠陥、独占への傾向、攻撃や身勝手さが目に見える。

二つ目に、仙骨やへそチャクラは下腹部のあたりに位置する。へそと性器の間にある。それは明るいオレンジ色で前に開いている。我々の性欲エネルギーや創造性、感受的生活や感情を異能する。そのため、それが閉じると人は性への冷淡さ、感情の抑制を体験するであろう。

三つ目は神経叢ソーラーチャクラである。へその少し上のあたりに位置し、明るい黄色で前に開いている。それは感情や力の中心で、対人関係、同情、反感そして私たちの精神活動に反映している。このチャクラが閉じている人々はよく、満たされず、落ち着きのない、また野心に欠けている。

四つ目のチャクラは、心臓チャクラである。心臓のあるあたりの胸の真ん中に見られる。緑色で前の二つのチャクラと同じように前向きに開いている。これは三つのチャクラのうちで初めて精神問題に関わっている。それは愛と思いやりの中心で、また上と下のチャクラとの間をつなぎとめる重要な経路である。

五つ目の目的である喉チャクラは、我々のコミュニケーション能力、高い意志、行動の責任を負うことに関係している。このエネルギーの中心は薄い青い色をしていて、アダムの林檎に位置づけされる。それが閉ざされると言語障害や弱い声、内気となることが見られる。

六つ目の第三の目チャクラは、濃い青または青紫色で、眉毛の間のおでこに位置している。高い精神力、知性、記憶、意志、無限の神聖な愛を象徴する。第三の目チャクラが閉じている人は、閉ざした心の態度をし、彼らの魂へ耳を傾けることができない。

王冠チャクラは頭部の上に位置し、紫色で上に開いている。これはその名前がついた理由でもある。他のすべてのチャクラが調和的に機能している時に開かれ、人が高まった他の人とすべての意識に繋がることができる。それが閉じると、偏頭痛、不眠症、まt失望、アルツハイマー症、統合失調症のような精神問題を起こす。

 

コンタクトFacebook