3.1. 2018

アメリカインディアン ホロスコープ

我々が使われるより、アメリカインディアンの星占いはもう一つの主義に基づきます-それは動物の特徴を人々のものであると考えます。それは、自然に対する大きな敬意から始まります。我々が生まれた日に、どんな見える(隠れているものも)特徴を得て、一生の残りの間それをもたらすかについて、それは示します。
アメリカインディアンの星占いは、我々のもののように、12分割されています ― 動物の形の12のトーテム ― に分けられます。
生年月日によって、どんな種と一体感を持つことができるかわかるのです。

アメリカインディアン ホロスコープ

隼 (3月 21日 – 4月19日)

言い伝えには、 隼は、力、空、 尊厳 と 精神の質の上昇や、人格、理想あるいは品行の高揚をいつもいつでも象徴してきました。

隼の下に生まれた人々は勇敢で素晴らしい観察に基づく技を持っています。彼らはまた、独創力と 賢明であります。それゆえに、他の物の中、潜在意識から他の者が追従する自然の先導者です。しかしながら、これらの人は滅多に妥協しません。もし何かを成し遂げたければ、彼らは 障害について恐れず、直ぐに成し遂げたいでしょう。したがって、同じような権力のある人に直面した場合問題になるかもしれません。

ビーバー (4月20日 –5月20日)

アメリカインディアンは、ビーバーは魔法の特質を持っていると信じています。そうでなければ、それほど完璧で正確に建築する技術がある分けないでしょう。

ビーバーの トーテムの下に生まれた人は、通常活動的で晴朗で、優しくもあります。彼らの見慣れているまわりで安全を感じるので、そこでは彼らはで幸せです。仕事上、一生懸命働き、根気強く、一度決めたら道をそれません。ビーバーが 何か気に留め過ぎたら、問題は起こるかもしれません。そんな時、まわりに気に留めるのを辞めましょう。

鹿 (5月21日 – 6月20日)

この森の君主は、いつでも神聖な動物とみなされてきました。とりわけ、生命力や賢明さや精神の質の上昇や、人格、理想あるいは品行の高揚を象徴します。

トーテムとしての鹿とともに生まれた人々は、高潔ですが、優しく敏感でもあります。最も重要な物は、 - 彼らは共有し等しく受け入れることです。新しい人々と出会うのは問題なくまわりに対して魅力的です。残念なことに、それは人間関係において時々ひとりよがりで浅薄な事物に導きます。 一方、素晴らしい情報伝達技術なので素晴らしい 駆け引き上手な人なのです。

啄木鳥 (6月21日 – 7月21日)

アメリカインディアンには、 啄木鳥が恋愛や謙遜や無我のシンボルです。言い伝えによると、彼らは強力な信仰療法を行なう人です。

啄木鳥の特質ある特徴の人は、通常大変誠実で 献身的な友人です。大変分別があり哀れみ深いです。大変辛抱強く、しばしば 自分を犠牲にして、他人を助けます。 人間関係に関して 、度を越えた親切が、ある場合では、 どちらかというと大きなお世話となるかもしれません。しかしながら、 啄木鳥はそれをやめられません。その行動は彼らの感情によるものなのです。

鮭 (7月22日 – 8月21日)

自然では、鮭は素晴らしい戦士です。アメリカインディアンはこの トーテム サイン下に生まれた人々を 同じように考えます。

これらの 人は 賢明さに名誉を与えます。彼らは素晴らしい信服力を持ちます。それは他人対して信頼できて人好きのするからです。彼らは 膨大な自信を持ち、自然に先導者であります。 彼らは十分に生きて、非常に強烈に関係を経験します。 彼らは、何の上にでも正直を評価します。彼らが不正または不正な方法に遭遇するならば、それを早期に終結させます。

熊 (8月 22 – 九月21)

アメリカインディアンにとって、熊は最も神聖な動物です。森の守護者です。ずば抜けた力と 大胆さの シンボルです。

あなたは多分 一目では この トーテム に生まれた 人だとわからないでしょう。彼らは、持っているものを見せないのです。しかしながら、もし彼らが問題に巻き込まれたら、隠れた力を呼び起こします。一方、この特質は頑固さをともないます。熊は通常また、大変根気強い、ですから彼らは素晴らしい先生になれます。
烏 (9月22日 – 10月22日)

烏は、他の 鳥と違って、大変綺麗好きで病気を運びません。だから多分治癒の能力があるとされているのでしょう。

これらの人々は大変落ち着いています。彼らの人生がしばしば 孤独であるが、正しい時に、社交的な能力が現れるかもしれません。烏は慌しくなく、彼らはどちらかというと答えを考え抜きます。旅行好きで外国に落ち着く可能性があります。彼らは 自由を束縛するいかなるものに対して対抗します。

蛇 (10月 23日 – 11月22日)

蛇 が、アメリカインディアンの文化において、 素晴らしい 賢明さと直感のシンボルであり、超自然の能力さえあります。

蛇 のトーテム の下に生まれた 人は正直で真っ直ぐです。彼らはあまり物にたいして価値を見出さないです。また、妥協したり言い訳もしないです。彼らは、二つの相対物 (例えば、善と悪)を見るだけでその間に何もないのです。これらの人々は目標を追っている時は、大変根気強いのです。しかしながら、時々、彼らは気分屋の傾向にあるのです。

梟 (11月23日 – 12月21 日)

梟は、大変神秘的です。一方では、賢明さと善の シンボルです。一方で、それは 不幸と関係づけられるのです。

トーテム として梟を持つ人々はいかなる新しい物に開けていていて、公平で強い意志をもっています。しばしば、これらの人は自身の犠牲をはらってさえ、他人のために自分を 犠牲にします。彼らは秘密を保つので、まわり信頼を得ます。しかしながら、梟 の私生活がしばしば混乱し恋愛においての問題は避けられません。彼らの弱さは誇りであります。

鵞鳥 (12月22 日 – 1月19日)

アメリカインディアン言い伝えでは、 鵞鳥はエネルギーと勤勉と大望 のシンボルです。

鵞鳥のトーテムの下に生まれた人々は同じ 特質をもっています。彼らは 専念と力によって、まわりを驚かせることが出来ます。これらの人は成功する運動選手、または事業家とかになれます。しかしながら、不利なことがあります。- 面倒くさがりなのです。彼らはしばしば 、自然に起こる出来事にたいして効果ある行動と素早い決定をすることが出来ないのです。彼らは また、感情を塞ぐ傾向にあります。

獺 (1月20日 – 2月18日)

アメリカインディアンは獺を何か新しいもの、より良いものへの変化や希望、のシンボルとしてみなします。

獺のトーテム の下に生まれた人々は 熱心で、不可欠で、勤勉です。 彼らは 障害をおそれません - 彼らは、障害を機会または挑戦として認めます。彼らはどんな状況ででもユーモアセンスを維持して、したがって、厳しい時代にさえ理想的な仲間を作ります。 しかし、獺には関係に関しては大きな不利があります-彼らは不正に耐えられません、そして、さらに、彼らは嫉妬深い傾向があります。

狼 (2月 19日 – 3月20日)

狼はがおとぎ話の悪の徴候であると考えられていますが、アメリカインディアンの神話においては、非常に神聖な動物です。

このトーテムの下で生まれる人々は、一見したところ穏やかで、内気です。彼らは感情的で、愛は彼らにとって非常に重要です。最高のとき、あらゆる狼は親切です。そして、気前がよいが、また、熱心です。しかし、拒絶されるならば、彼らはとても苦しんで、場合によっては復讐心に燃えてさえいるかもしれません。
彼らは、外界の負の影響から身を守るためにファンタジーに逃げる傾向があります。

 

コンタクトFacebook