星占いによる人間関係

人間関係とは、二人の人間がお互いに理解し合おうとする交流のことです。彼らは経験・アイデア・夢を共有するために、共に未来の計画を立てようとします。そのため、関係が生まれてくるのです。よく言われることわざに、「人手が多ければ仕事は楽」というものがありますが、それはまったく正しいといえるでしょう。もしも一人きりでいるのならば、楽しみも、悩みや問題を共有することもできません。平たく言えば、必要なときにいつも誰かが側でサポートしてくれるということは、日々感謝すべき、かけがえのない贈り物なのです。

ホロスコープにおける人間関係は、火、水、土、気の4つのエレメントに応じて分類されるゾディアックの12星座によって、繋がっています。すべてのサインには互換性があり、結びつきの強いもの、弱いもの、理想的なカップルになるものが存在します。

火を司る星座には、牡羊座、獅子座と射手座があります。水を司るのは魚座、蟹座と蠍座です。土を司る星座には牡牛座、乙女座、山羊座があり、一方、双子座、天秤座と水瓶座は常にぼんやりと空想に浸っています。

よく反対の性質がお互いをひきつけるといいますが、それは必ずしも真実ではありません。ここでは例として、火と水の関連について見てみましょう。水が火を収めるように、魚座は情熱的な獅子座を飼いならすことができますが、しかし、それは彼の本質に対することに他ならず、この関係には有望な未来が見込めません。反対に、気は火を煽るので、例えば双子座は牡牛座を深く理解し、理想的なパートナーとなりうるわけです。

人間関係において、ゾディアックの同じサイン同士は互いに惹かれあい、お互いをもっとも理解できる相手となるでしょう。しかし、どこにでも例外は存在します。例えば、獅子座と獅子座、といったような二つの火の属性が関連するときは、互いに火花を飛び散らせることになるでしょう。これによって、いくつかのトラブルが引き起こされる可能性があります。しかし、蟹座と蟹座はとても穏やかで友好的であるために、互いを理解し、そのため否定的な面での動揺も少ないはずです。

火の属性を持つ星座は、気の属性、またはお互いを、もっとも理解するでしょう。しかし、そこには両極端の危険性が存在します。つまり、お互いを愛するか、憎むかのどちらかしかできない可能性があるわけです。水の属性は土の性質をよく把握できるでしょう。その関係は情熱に満ちているだけでなく、調和も得られるはずです。気の属性は、お互いをもっとも理解できるでしょう。彼らには多くの語ることがあり、空想の中で人生を過ごしたいと思い、生まれつき楽観的でもあります。

あなたのパートナーがゾディアックのどのサインであろうとも(それがたとえ全く互換性がない場合であっても)、希望を失ってはいけません。壊れない岩などないように、すべての海岸は征服することができるはずです。それらの全ては、あなたの強さと忍耐力にかかっています。あなたが本当に望むのであれば、道は開かれることでしょう。人間関係において、理解がもっとも重要なことであり、パートナーの話に耳を傾けることで何かを学んだり、少なくとも将来的にあなたをインスパイアしたりすることでしょう。

 

星占いによる人間関係

 

コンタクトFacebook