牡牛座に位置する月

: 心、魂、内なる自己を特徴付ける。月の影響下では、恥ずかしがりで敏感になりやすい

牡牛座: 牡牛座は美しさと新鮮さを特徴とする、金星に関連付けられます。牡牛座は唯物主義で、全てのことに保守性を見出そうとします。しかしながら、物事に敏感なところがあり、感...

牡牛座で月の性質を持つ人は、通常、穏やかでバランスが取れています。一方で、彼らは原則的であり、必要な時や避けられない時でさえ、あらゆる変化を嫌うでしょう。したがって、すべてのことが同じでなければならないあなたが、快適な範囲から動こうとしないでも、なんの不思議もありません。それが、与えられるかもしれない、外的な衝撃から自身を守る方法なのです。

追い求めるものへ強く固執することは、確かに利点にもなりえます。あなたにとって非常に意味のあることなので、そうした特性をパートナーにも求めることでしょう。ストレスを感じると煩わしさから、自分の意見に固執して、共有することができなくなるかもしれません。あなたは控えめですが、怠け者で無感覚な人にもなりえます。


月が牡牛座にある時、緊張したエネルギーに満たされます。現状にある物事を、好ましく思うことでしょう。変化(たとえポジティブなものであれ)を望む人々や、革新的な意見を持っている人々からは、疎ましく思われるかもしれません。

あなた自身のアイデンティティに、問題が起こるかもしれません。物質的な世界での個人的な達成を追求しますが、満足を感じることはできないかもしれません。

この時期の大きな利点は、積極的な感情のエネルギーを感じることでしょう。そのため、あなたの周囲の人々も、気分がよくなれそうです。

 

コンタクトFacebook