2017/2018年の新月

2017/2018年用にアレンジされたこちらの新月チャートでは、今年いつ新月が起こるのか、正確な時間と日付を知ることができます。加えて、どのゾディアックがその時影響を受けるのか、それによってエネルギーを得る大切な日がいつなのかなど、簡単に知ることが出来ます。

2017/2018年の新月

以下の2017/2018年新月のチャートをフォローすることは、あなたの健康的観点において、非常に重要な意味を持ちます。定期的に記事をチェックし、何が起きても驚かされないよう、注意しましょう。

23.7. 2017  18:47獅子座   39 '
22.8. 2017  03:31獅子座 > 乙女座
20.9. 2017  14:30乙女座   28°55 '
20.10. 2017  04:12天秤座   27°37 '
18.11. 2017  20:42蠍座   26°45 '
18.12. 2017  15:31射手座   26°20 '
17.1. 2018  11:18山羊座   26°25 '
16.2. 2018  06:06水瓶座   26°49 '
17.3. 2018  22:14魚座   27°09 '
16.4. 2018  10:59牡羊座   -3°.02 '
15.5. 2018  20:49牡牛座   26°03 '
14.6. 2018  04:45双子座   24°30 '
13.7. 2018  11:49蟹座   22°36 '

満月と新月の日付と時間

健康を守るために、これらの日付に精通していることは必要不可欠です。量子ホメオパシーに最も適切な時期と、避けるべき時間を確認しておきましょう。月の満ち欠けは依存症や向精神薬の中毒性にも関係します。満月の前には少し距離を置いて使用するほうがよいでしょう。一方で、新月にはそうした薬によるネガティブな効果が薄れます。ただしもちろん、薬は常に有害であるということは、否定するわけではありません。

新月と上弦の月

太陽・月・地球が一線上にある場合に、私たちは新月を観察することが出来ます。そしてその後、太陽光が月の暗い部分だけを照らす場合にのみ、月の上部は暗く見えなくなります。月は明るい太陽に接近しているため、目立たなくなっているのです。その後私たちが再び月を観察できるようになるのは、早くてその二日後です。月は徐々に細い曲線の形状を成長させ、最終的には「D」の形になります。

この「D」の形をした上弦の半月は、月と太陽の角度がきっちり90°になったときに見られます。満月の後、月は下弦へと減少していきます。この形は文字の「C」に似ています。

日食

新月の間に起こる非常に特殊な現象に、日食があります。現実に地球から見えるように、太陽と月の角度と直径が偶然一致するように、覆いかぶさることで起こるのです。両方が完全に重なっている場合は、金環食と呼ばれます。

占星術的な観点で見る2017/2018年の新月

新月は満月の反対に位置するもので、太陽と月が共同するサインに相反します。心身ともに非常に肯定的な時期であるという事実にもかかわらず、個人的には特定の問題が発生する可能性が往々にしてあります。手術において特定のリスクをもたらすわけではありませんが、医学的な治療をこの時期避けたほうがいいのは、このためです。

2017/2018年のチャートには、この年の新月の日付と時間が明確に示されています。どの新月のときに、最も影響がある星座などが記載されています。これがあれば、エネルギー的な意味で重要は日がいつなのか、簡単にわかります。

 

コンタクトFacebook