9.10. 2015

占星術と様々な人間関係

知られているように、占星術とは宇宙の現象を描写し、説明する学問分野です。多くの歴史的文化では、星や惑星などによって未来を予測しようとしてきました。占星術とは主に地球(とそこに生きている人)と、惑星あるいは太陽系の他の天体との関係を考察するものです。

占星術と様々な人間関係

占星術で特に頻出するものは、例えば月とそれに関係する(津波のような)自然現象が挙げられます。しかし、人の心と人間関係に与える影響も同様です。人間関係という話になると、このセクションは少々複雑になってしまいます。

パートナーとの関係であっても、友人や職場における人間関係であっても、それに影響を与えるものは、莫大な数があります。したがって、占星術だけでそれらを適切に明らかにすることは不可能であることは明白です。しかし、惑星の位置と他の側面から、それらを明らかにすることができるのです。つまり、星とホロスコープから決定することができるということです。例えば、二人の間の人間関係の傾向と、彼らの将来の見通しだって、彼らの星座を知っていれば決定することができるのです。例えば、もし金星がマイナス面に留まるなら、牡牛座生まれの人は攻撃的な傾向を持っており、彼らと一緒にやっていくのは難しいと分かります。

私たちの人間関係に最も大きな影響を与えるものの一つは、遺伝です。好むと好まざるとにかかわらず、私たちは特定の情報が遺伝情報として書き込まれています。この情報は身体的なつくりだけでなく、行動にも影響を与えます。進化は、現代の人間関係における特定のモデルを形作る役割を果たしたのです(初期には異なっていました)。もし様々な状況によってこのモデルから人間関係が外れてしまうならば、そのどちらも幸せになることができません。実際、これは両者が遺伝情報に書かれているところに従わずに行動していることを意味しています。占星術とホロスコープは、ここに介入することができます。特定の状況において個人がどのように行動すべきかを、それぞれを通して学ぶことで、関係が調和の内に保たれるのです。

ホロスコープは、惑星の位置により、彼らの運命に基づいて、どのように他人を決定し予測し理解するかについて、基本原理を教えてくれます。そして適切なパートナーを選ぶことができます。しかしまず最初に、自分自身について理解しなければなりません。自分自身を満足させる目標を置き、それに集中しましょう。あなたが幸せでなければ、周りの人も幸せになんてなれません。要約します。他人と調和して過ごしたければ、また、やって来るあらゆるチャンスを利用したければ、何を変えるべきか、何を達成したいのかに関する原則を知らなければならないということです。この分野において、占星術は力を発揮します。

 

コンタクトFacebook